〒488-0022
愛知県尾張旭市狩宿新町一丁目94-1

TEL:0561-51-1234

入れ歯・補綴

求人募集中 初診の方へ
MOBILE
HOME»  入れ歯・補綴

補綴とは

「補綴(ほてつ)」とは、歯が欠けたり、なくなった場合に、詰め物・被せ物や入れ歯などの人工物で歯の機能を補い回復する治療をいいます。
失ってしまった歯をそのままにしておくと、歯並びや噛み合わせの乱れ、食事や発音への影響などさまざまなトラブルを引き起こします。
患者様に噛める喜びを感じていただけるよう、一人ひとりに合わせた補綴物を作成させて頂き、健康を維持して生き生きと毎日を送れるよう生活の質(Quality of Life)を維持・向上させることを目指します。
また、定期的に検査、調整を行い、違和感を感じた時にはすぐにご相談ください。

入れ歯で悩んでいませんか?
  • 笑うとバネが見えてしまう
  • 装着したときに違和感がある
  • すぐに外れてしまう
  • うまく噛むことができない
  • 食べ物を噛むときに痛い
冠でお悩みではないですか?
  • かぶっている冠が噛みづらい
  • 冠の色が気になる
  • 歯の色が変色してきた

種類

○クラウン
歯を削合し冠をかぶせる治療です。
金属を使う冠と全てセラミックスなどの金属を使わない冠などがあります。
 
○ブリッジ
1~数歯の欠損に対して、その欠損部を補う人工歯であるポンティックと支台歯のクラウンを連結しセメント合着される装置です。
 
○部分入れ歯
口腔内の部分的な歯の欠損を残存歯にクラスプというバネをかけ取りはずができる入れ歯です。金属のバネが見た目に気になる場合は金属を使わないノンクラスプデンチャー、残存歯に磁石などを使ったアタッチメント義歯等があります。
 
○総入れ歯
残存歯が全くない場合に作成する入れ歯です。
 
※長らく使用されている入れ歯が緩く落ちてくる、よく動くなどの場合、裏打ちをなされたり、よく咬み切れない場合、人工歯を交換するなどして今まで以上に咬むことができる入れ歯に再生出来ます。

TOP